メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国的な流行期に 厚労省手洗い呼びかけ

 厚生労働省は15日、インフルエンザが全国的な流行期に入ったと発表した。流行入りが年を越したのは9シーズンぶり。今月4〜10日の1週間に全国約5000カ所の医療機関から報告された1医療機関あたりの患者数が平均で2.02人となり、流行の目安である1人を上回った。

     流行が遅れた理由について、厚労省の担当者は「分からない」としているが、専門家からは暖冬で湿度が例年より高く、ウイルスの感染拡大が抑えられたという指摘がある。

     1医療機関あたりの患者数が多かったのは、沖縄(8.19人)▽秋田(7.85人)▽新潟(5.73人)−−の順。ピークは1月下旬から2月上旬とみられ、厚労省は手洗いやうがいの徹底などを呼びかけている。【古関俊樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
    2. 旧優生保護法 知的障害者に不妊手術 開示記録で裏付け
    3. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相の国会答弁 あまりに下品で不誠実で幼稚
    4. 特集ワイド 加計学園問題 首相は便宜を図った? 「法治」揺るがす「人治」
    5. 津波 バクテリアで軽減へ 高知コア研究所

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]