メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氷柱800本…大氷像の制作始まる

さっぽろ雪まつりに向けて氷像制作が始まり、クレーンで次々に運ばれる重さ135キロの氷柱=札幌市中央区の大通公園で2016年1月15日午後1時32分、手塚耕一郎撮影

 札幌の冬の祭典「第67回さっぽろ雪まつり」(2月5〜11日)で15日、札幌市中央区大通西5の「毎日氷の広場」の大氷像制作(高さ10メートル、横18メートル、奥行き16メートル)が始まった。今年は「台湾−女王頭(クイーンズヘッド)と平渓(へいけい)派出所」がテーマで、1月31日に完成する予定。

     市内の地下水を凍らせた氷柱(縦1メートル、横50センチ、奥行き25センチ)約800本を組み合わせて制作する。

     女王頭は台湾北部・新北市の観光名所で、海沿いにある奇岩。日本氷彫刻会札幌支部の工藤光寿(みつとし)さん(49)は岩の質感をうまく出せるか懸念しつつ、「本物の女王頭に近づくよう注意を払って取り組みたい」と話した。【高野玲央奈】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 発砲 4人撃たれ1人死亡、男は逃走 和歌山の建設会社
    2. 和歌山射殺 殺人容疑 建設会社社長の次男に逮捕状
    3. 和歌山射殺 逮捕状の容疑者 収監の日に強硬手段
    4. 関西空港 従業員2人はしか 他の37人にも症状
    5. 受動喫煙 リスク「確実」 肺がん発症1.3倍

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]