メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法成立、柿のおかげ? 福島産干し柿贈られ

福島県伊達市長らから贈られた「あんぽ柿」を試食する安倍晋三首相=首相官邸で2016年1月14日午後0時21分、藤井太郎撮影

 安倍晋三首相は14日、首相官邸で仁志田昇司・福島県伊達市長らの表敬訪問を受け、地元特産の干し柿「あんぽ柿」を贈られた。あんぽ柿は昨年も官邸に届けられており、同席者によると、首相は「去年もあんぽ柿で激励してもらった。おかげで安保国会を乗り切れた」と述べたという。

     あんぽ柿は福島第1原発事故の影響で一時は出荷を停止したが、2013年から放射能検査をしたものを出荷している。試食した首相は「ドライフルーツは健康にいい。海外にも出せるよう努力して」と話した。【樋口淳也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    2. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    3. 余録 「母の手は赤子となりて介護士の豊かな胸をそっと触りぬ…
    4. タレント女医 初公判 9割以上がニセ患者、治療せず院長室でゲーム
    5. 質問なるほドリ 抗菌せっけん、米でなぜ禁止?=回答・下桐実雅子

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]