メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法成立、柿のおかげ? 福島産干し柿贈られ

福島県伊達市長らから贈られた「あんぽ柿」を試食する安倍晋三首相=首相官邸で2016年1月14日午後0時21分、藤井太郎撮影

 安倍晋三首相は14日、首相官邸で仁志田昇司・福島県伊達市長らの表敬訪問を受け、地元特産の干し柿「あんぽ柿」を贈られた。あんぽ柿は昨年も官邸に届けられており、同席者によると、首相は「去年もあんぽ柿で激励してもらった。おかげで安保国会を乗り切れた」と述べたという。

     あんぽ柿は福島第1原発事故の影響で一時は出荷を停止したが、2013年から放射能検査をしたものを出荷している。試食した首相は「ドライフルーツは健康にいい。海外にも出せるよう努力して」と話した。【樋口淳也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
    2. 相模原殺傷 尊厳否定「二重の殺人」全盲・全ろう東大教授
    3. 死体遺棄 容疑で男女高校生逮捕 新生児を公園に埋める
    4. 茨城の震度5弱 「大震災の余震」気象庁
    5. 相模原殺傷 衆院議長宛て手紙 全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]