メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大王製紙

元課長、解雇無効の判決 東京地裁 

 内部告発したために降格させられ、出向命令に従わずに解雇されたのは不当として、大王製紙の元課長の男性(52)が解雇の無効確認などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は14日、解雇は無効として同社に未払い分給与の支払いを命じた。鷹野旭裁判官は「内部告発は正当とは言えない」と降格処分は妥当とした一方、「さらに懲戒する趣旨で出向命令を出すのは動機と目的が不当」と指摘した。

     判決によると、男性は2013年1月、海外の現地法人で帳簿操作などがあったとする内部告発をした。同社は2月、告発は事実でない部分があり会社の信用を毀損(きそん)したとして、男性を降格処分とした。併せて北海道の関連会社への出向も命じたが、男性は着任を拒否し、解雇された。

     判決は「内部告発は客観的資料に乏しく、会社の名誉を毀損した」と降格処分は有効とした。しかし出向については「命令権の乱用に当たる」として無効とし、解雇も理由がないと判断した。【島田信幸】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    2. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
    3. 日野自動車 運転手急病で緊急停止する観光バス発売へ
    4. 登山家 栗城さん死亡連絡で生中継中止 AbemaTV
    5. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]