メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前会長、隠蔽関与 露選手ドーピング疑惑

AP通信報道 違反発覚の回避が狙いか

 【ニューヨーク田中義郎】世界反ドーピング機関(WADA)は14日、第三者委員会の第2回調査報告書を公表して、国際陸上競技連盟(IAAF)の前会長、ラミン・ディアク氏がロシアのドーピング違反の隠蔽(いんぺい)に関与していた実態を指摘した。11月に発表した第1回報告書ではロシアの国ぐるみのドーピング疑惑を明るみに出したが、今回は違反を取り締まる立場のIAAFも「腐敗は組織全体に及んでいる」と指摘しており、問題の根深さを浮き彫りにした。

     約90ページに及んだ報告書によると、ディアク氏は2013年にモスクワで開催された世界陸上選手権にドーピング違反の疑惑があった過去の五輪の金メダリストを含めた9選手を出場しないように弁護士を通じて、ロシアのプーチン大統領に取引を求めたと指摘した。9選手は大会に出場しなかった。プーチン氏との取引が実際にあったかについての言及はなかった。

     ディアク氏はロシアのドーピング違反の発覚を避ける狙いがあったとみられ、報告書ではこうした事実を「IAAFの幹部が気づいていないはずはなかった」と言及。ミュンヘンで記者会見した第三者委のディック・パウンド委員長は「組織の現実から目をそらしていた」と指摘して、IAAFの組織運営の正常化を求めている。

     さらに、報告書では、13年世界選手権のロシア国内向けのテレビ放映権料が突然に増額された点も指摘。12年にモスクワのホテルでロシア陸連のバラフニチョフ前会長やディアク氏の息子でIAAFのコンサルタントだったパパマッサタ・ディアク氏、ロシアのテレビ関係者が会談し、600万ドル(約7億800万円)から2500万ドルに増額されたとしている。報告書では、この件に関してIAAFに調査を求めた。

     第三者委は昨年11月、第1回調査報告書を公表し、長年にわたる組織的なドーピング違反でロシア陸連を資格停止にするようIAAFに勧告。IAAFは勧告通りにロシア陸連を資格停止とし、現段階では、ロシア陸上界はリオデジャネイロ五輪に出場できない状況となっている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 15歳のニュース 成人年齢引き下げ 喜んでいいの?だめなの?
    2. 小池知事所信表明 豊洲問題「信頼失った」 徹底調査意向
    3. 男性遺体 頭部などない遺体発見 千葉・銚子漁港
    4. 福島第1 汚染水除去計画、2年前倒し可能
    5. 強制わいせつ 「主要な行為」22歳東大生に懲役2年求刑

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]