メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知りたいTPP

経済効果「楽観的」の声 前提次第で試算変動

 政府は昨年末、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)による経済効果試算を公表し、国内総生産(GDP)を実質で約14兆円(約2・6%)押し上げ、雇用も約80万人増加するとした。懸念が根強い農林水産物の生産額の減少は最大で2100億円にとどまるとし、TPPのメリットを強調した内容になったが、中小企業や農家らからは「楽観的すぎる」との声が上がっている。

 政府は今回の試算に当たり、TPPで関税が撤廃・削減される効果に加え、貿易に関するルールが決められた…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文844文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです