メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知りたいTPP

経済効果「楽観的」の声 前提次第で試算変動

 政府は昨年末、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)による経済効果試算を公表し、国内総生産(GDP)を実質で約14兆円(約2・6%)押し上げ、雇用も約80万人増加するとした。懸念が根強い農林水産物の生産額の減少は最大で2100億円にとどまるとし、TPPのメリットを強調した内容になったが、中小企業や農家らからは「楽観的すぎる」との声が上がっている。

 政府は今回の試算に当たり、TPPで関税が撤廃・削減される効果に加え、貿易に関するルールが決められた…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文844文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]