メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

遠藤が休場…十両陥落確実に

今場所初白星を挙げ懸賞金を手に土俵を降りる遠藤=東京・両国国技館で2016年1月13日、宮間俊樹撮影

 大相撲の東前頭11枚目の遠藤(25)=追手風部屋=が初場所7日目の16日から休場することになった。左膝や右足首に故障を抱えており、6日目まで1勝5敗と苦戦が続いていた。師匠の追手風親方(元前頭・大翔山)は「これ以上は無理。再出場できるくらいなら休まない」と説明。再出場は厳しく、十両陥落が確実となった。

     遠藤の休場は昨年の春場所以来、3度目。週明けに精密検査を受ける予定という。7日目の対戦相手の輝は不戦勝となる。今場所の十両以上の休場者は、再出場した千代鳳を含めて7人目。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
    2. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
    3. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
    4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    5. アメフット 再三圧迫、追い込まれ 日大選手が実名で証言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]