メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電力自由化

会社変更、7割が検討 博報堂調査

 4月の電力小売りの全面自由化を巡り、電力会社の変更を検討している消費者が約7割に上ることが、博報堂のアンケート調査で分かった。料金引き下げへの期待が大きく、自由化に対する関心の高さを裏付けた。

     調査は昨年11月にインターネット上で実施し、全国の20〜60代の男女計1000人が回答した。電力小売りの自由化について「知っている」と答えたのは87%に上り、高い認知度を示した。

     4月の自由化後に電力会社を「変えてみたい」との回答は70.3%。この回答者に変更時期を尋ねたところ、17.5%が「すぐに変える」と答えたが、「最初に変えた人の様子を見て」も47.1%に上り、慎重に見極めようとする消費者も目立った。

     電力会社を選ぶ際に重視するのは「料金の安さ」が83.3%と最多。ただ、「料金メニューや契約手続きの分かりやすさ」が45.7%で次いでおり、各社は顧客対応の姿勢も問われそうだ。【小倉祥徳】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ
    2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    3. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
    4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    5. 大阪北部地震 風評被害で訪日客減少懸念 情報発信を強化

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]