メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麻生財務相、韓国の要請あれば再開検討

 麻生太郎財務相は15日の閣議後の記者会見で、日本と韓国間で緊急時に外貨を融通しあう通貨交換(スワップ)協定の再締結について「経済状況がいろいろと変化しているので、協力はやぶさかではない」と述べ、韓国側からの要請があれば前向きに検討する考えを示した。

     通貨交換協定は、金融危機などの際に複数の国・地域の政府や中央銀行間で外貨を融通しあうしくみ。日韓は2001年に締結したが、両国の関係悪化などを受け、協定期限の15年2月に延長しなかったため失効した。

     韓国の柳一鎬(ユイルホ)経済副首相兼企画財政相は11日、国会聴聞会で「通貨スワップ拡大を考える価値がある」と述べ、日本との協定再締結を検討する考えを表明。ただ、韓国紙の報道によると、柳氏は14日、現地メディアとの懇談で「(日本に再締結を)要請する段階ではない」との認識を示したという。麻生氏も15日の会見で、韓国側からの要請について「今現在、ない」と話した。【和田憲二、朝日弘行】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 衆院選 投票したら替え玉無料 「一風堂」が「選挙割」
    2. 中国道 路上タイヤに乗り上げ 死亡親子の車とトレーラー
    3. 東急 田園都市線、停電で一部運転見合わせ
    4. 希望の党 小池氏、排除発言で弁明「傷つけるつもりない」
    5. 窃盗未遂容疑 新幹線グリーン車内でスリを現行犯逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]