メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

候補者、2年連続全員白人に失望の声

 【ロサンゼルス長野宏美】14日に発表された第88回アカデミー賞(米映画芸術科学アカデミー主催)の演技部門の候補者20人が、2年連続で全員白人だったことから失望の声が広がっている。ソーシャルメディアでは「オスカーは真っ白」というハッシュタグができ、黒人に対する冷遇が指摘されている。

     アメフット選手の脳しんとうが題材の「コンカッション(原題)」で医師役を演じたウィル・スミスさんは前哨戦のゴールデン・グローブ賞では主演男優賞候補(ドラマ部門)入り。西アフリカの少年兵を描いた「ビースト・オブ・ノー・ネーション」のイドリス・エルバさんも同助演男優賞に選ばれ、アカデミー賞のノミネートが期待されていた。

     興行的に成功を収めた作品も黒人は候補入りできなかった。伝説的ヒップホップ・グループの伝記映画「ストレイト・アウタ・コンプトン」とボクシング映画「ロッキー」シリーズの新たな物語「クリード チャンプを継ぐ男」は興行収入が1億ドル(118億円)を超えたが、「コンプトン」は脚本賞、「クリード」はシルベスター・スタローンさんの助演男優賞にとどまった。ツイッターでは「主演も監督も黒人なのに候補は白人だけ」などと批判する投稿があった。

     ロサンゼルス・タイムズ紙の2012年の調査では投票権のある会員の約94%が白人で、男性が約77%、平均年齢は62歳で偏りが指摘されている。アカデミー側は新会員を増やすなど多様性に務めているが、今年も主演と助演の男優・女優賞の候補計20人を白人が独占した。

     最多ノミネートは、レオナルド・ディカプリオさん主演の「レヴェナント 蘇えりし者」(アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督)で作品賞や主演男優賞など12部門に選ばれ、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(ジョージ・ミラー監督)が10部門で追う。

     日本からは米林宏昌監督のスタジオジブリ作品「思い出のマーニー」が長編アニメーション部門にノミネートされた。

     発表・授賞式は2月28日(日本時間29日)、ハリウッドで行われる。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ダッカ襲撃 日本人人質か 当局突入、武装集団と銃撃戦
    2. 木星のオーロラ 撮影に成功 北極付近で渦巻き状に
    3. 参院選 「支持政党なし」…いたずら? 実はポスター戦略
    4. 熊本地震・ふるさとよ 第2部/5 怒号飛び交う避難所
    5. 参院選 「候補より団体名」 「支持政党なし」ポスター戦略 「違反?」「いたずら?」違います。

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]