メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アホウドリ

産卵・ふ化に成功 小笠原諸島・聟島で

ひなを抱くアホウドリの親鳥=東京都提供

環境省と山階鳥類研究所が発表

 環境省と山階(やましな)鳥類研究所は15日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種「アホウドリ」について、人為的な繁殖計画を進めている小笠原諸島・聟島(むこじま)で、1組のつがいが初めて産卵・ふ化に成功したと発表した。

 同研究所によると、このつがいは、2008年に聟島に移送した雄と、沖縄県・尖閣諸島生まれとみられる雌。12年から3年連続でふ化に失敗していたが、今月9日に調査員が現…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. VOICES 「知らされずに除染従事」 ベトナム人技能実習生、失意の帰国
  5. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです