メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海のない山梨県に初登場 石和温泉

 山梨県笛吹市の石和(いさわ)温泉に、殻付きのカキを炭火で焼いて味わう「カキ小屋」が登場し、19日から3月末まで営業する。海のない山梨県にカキ小屋ができるのは初めてだという。

     開店に先立つ15日夕、市内の約40人が招かれた。足湯のそばに張られた暖かいテントの中で、招待客らが熱々のカキをほおばると、たちまちカキ殻の山が積み上がり、湯の町に磯の香りが漂った。

     経営は民間業者だが、地元の旅館組合も協力。組合の関係者は「寒くなると観光客がどうしても少なくなるが、カキ小屋を新しい名物にして、冬場もカキ入れ時にしたい」と期待を寄せた。【松本光樹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アヲハタ コーン缶なくなります 66年にわたり継続
    2. 寝ても覚めても ドライなハム=冨重圭以子
    3. プロ野球 陽岱鋼、巨人入り濃厚
    4. カジノ法案衆院通過 賛否両論、国民戸惑い
    5. TBS社長 「チューボーですよ!」終了で堺正章に感謝 「一つの時代が終わった」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]