メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキーバス転落 生存者「いいかげんな休憩案内」

 長野県軽井沢町の国道18号碓氷バイパスのスキーツアーバス事故で、生存者からは「車内放送で休憩の案内がかなりいいかげんだった」と指摘する声が出ている。男子大学生(20)によると、14日夜の出発時に「休憩で何回か止まります」とあやふやな説明があったほか、関越自動車道のサービスエリアで休憩し、再出発する15日午前0時40分ごろには「今後はどこか寄れる道の駅に寄ります」との趣旨のアナウンスがあった。この学生は「普通は時間や場所を具体的に説明するはずで、違和感があった」と話した。【藤河匠】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 座間9遺体 「数やってるから死刑」逮捕前、知人女性に
  2. 座間9遺体 「ここにいます」クーラーボックス指さし
  3. 座間9遺体 孤独感つけ込まれ 容疑者と交流の女性
  4. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言
  5. 北朝鮮 金正恩氏、暗殺恐れ専用車乗らず レクサス搭乗か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]