メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生存者「いいかげんな休憩案内」

 長野県軽井沢町の国道18号碓氷バイパスのスキーツアーバス事故で、生存者からは「車内放送で休憩の案内がかなりいいかげんだった」と指摘する声が出ている。男子大学生(20)によると、14日夜の出発時に「休憩で何回か止まります」とあやふやな説明があったほか、関越自動車道のサービスエリアで休憩し、再出発する15日午前0時40分ごろには「今後はどこか寄れる道の駅に寄ります」との趣旨のアナウンスがあった。この学生は「普通は時間や場所を具体的に説明するはずで、違和感があった」と話した。【藤河匠】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワイド特集 オンナとオトコの雛祭り “オリ”の中の「番長」清原和博 「毎晩夜泣き」の真相
  2. NewsNavi 真剣交際の“ハーフ美女”と破綻した「清原被告」の自業自得
  3. 週刊テレビ評 清原被告覚醒剤事件 野球界はキッパリ突き放せ=やくみつる
  4. 清原被告公判 裏腹の小心さ、見え隠れ
  5. 清原被告 懲役2年6月、執行猶予4年 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]