メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生存者「いいかげんな休憩案内」

 長野県軽井沢町の国道18号碓氷バイパスのスキーツアーバス事故で、生存者からは「車内放送で休憩の案内がかなりいいかげんだった」と指摘する声が出ている。男子大学生(20)によると、14日夜の出発時に「休憩で何回か止まります」とあやふやな説明があったほか、関越自動車道のサービスエリアで休憩し、再出発する15日午前0時40分ごろには「今後はどこか寄れる道の駅に寄ります」との趣旨のアナウンスがあった。この学生は「普通は時間や場所を具体的に説明するはずで、違和感があった」と話した。【藤河匠】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  3. 海難事故 海上タクシー船でアイドルらけが
  4. 旧優生保護法 知的障害者に不妊手術 開示記録で裏付け
  5. 特集ワイド 加計学園問題 首相は便宜を図った? 「法治」揺るがす「人治」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]