メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキーバス転落

尾木・法政大教授「むちゃくちゃ悔しい」

遺族の待機所を訪れた後、取材に応じる尾木直樹さん=長野県軽井沢町で2016年1月16日午前0時10分、山本将克撮影

ゼミ生が事故に巻き込まれて…

 長野県軽井沢町で起きたスキーツアーバスの転落事故で、ゼミ生が事故に巻き込まれた法政大キャリアデザイン学部教授で教育評論家の尾木直樹さんは15日夜、遺族の待機所となっている長野県軽井沢町の中央公民館を訪れた。亡くなった学生の両親に会い、一緒に泣いたという。「親から『自慢の子でした』と言われました。僕にとっても自慢の学生でした」と言葉を詰まらせた。

 尾木さんは事故について「むちゃくちゃ悔しい。(亡くなった学生は)卒論も書き上げ、就職も決めていた。未来の塊の若者の命を奪うなんて、バス会社や運転手は何をしていたのか」と憤った。【山本将克】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  4. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]