メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『大阪空襲訴訟は何を残したのか』=矢野宏、大前治・著

 (せせらぎ出版・700円)

 日本の「戦後補償」、正確には「戦後未補償」問題を取材していると、国家が国民に対していかに無慈悲か、ということを痛感する。たとえば第二次世界大戦で、空襲に遭った民間人に対してまともな補償をしてこなかった。一方、元軍人・軍属には「国家と雇用関係にあった」という理由でなされている。

 「不公平だ」と当然の憤りを抱えた民間人は長年、法廷闘争を繰り広げてきた。本書は2008〜14年、空…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです