メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『大阪空襲訴訟は何を残したのか』=矢野宏、大前治・著

 (せせらぎ出版・700円)

 日本の「戦後補償」、正確には「戦後未補償」問題を取材していると、国家が国民に対していかに無慈悲か、ということを痛感する。たとえば第二次世界大戦で、空襲に遭った民間人に対してまともな補償をしてこなかった。一方、元軍人・軍属には「国家と雇用関係にあった」という理由でなされている。

 「不公平だ」と当然の憤りを抱えた民間人は長年、法廷闘争を繰り広げてきた。本書は2008〜14年、空…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文479文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです