メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

制裁強化決議採択へ連携、日米韓次官が一致

記者会見する(左から)米国のブリンケン国務副長官、外務省の斎木昭隆事務次官、韓国外務省の林聖男第1次官=東京都港区の飯倉公館で2016年1月16日、望月亮一撮影

 日本、米国、韓国は16日、東京都内で外務次官協議を行い、核実験を実施した北朝鮮への制裁を強化する国連安全保障理事会決議の採択に向けて連携する方針を確認した。北朝鮮に影響力を持つ中国に同調を促すことでも一致した。

     協議には外務省の斎木昭隆事務次官、ブリンケン米国務副長官、韓国の林聖男(イム・ソンナム)第1次官が出席した。終了後の共同記者会見で、斎木氏は「なるべく早く、できる限り強い内容の決議採択を目指す。中国が国際社会とともに全面的に協力することを強く期待する」と表明。林氏は「包括的な安保理決議採択へ3カ国の力を結集する」と述べた。

     協議では、中国が人工島を造成する南シナ海問題も議論し、ブリンケン氏は会見で「自由な航行を守るようさらに努力する」と述べた。【高橋恵子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ペン習字 「日ペンの美子ちゃん」完全復活 受講者3割増
    2. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
    3. 対北朝鮮 中国、圧力強化を示唆「独自制裁も」
    4. 東京メトロ 北朝鮮のミサイル発射情報で一時運転見合わせ
    5. 訃報 ヤフー前社長、井上雅博さん 交通事故で死去

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]