メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾総統選

民進・蔡英文氏の当選確実 8年ぶり政権奪還

故郷にある道教の寺院で立法院選挙の候補者たちと共に気勢を上げる蔡英文主席(右から2人目)=台湾屏東県で2016年1月9日、鈴木玲子撮影

 【台北・鈴木玲子、林哲平】台湾総統選は16日投開票された。台湾メディアによると、最大野党・民進党候補、蔡英文主席(59)の得票が600万票を超え、当選を確実にした。独立志向が強い民進党が8年ぶりに政権を奪還し、台湾史上初の女性総統が誕生することになった。

 経済不振から脱却できない国民党・馬英九政権への不満が高まり、対中傾斜も世論の反発を招いた。国民党は候補の途中交代など混乱が続き、支持離れが加速した。根底には影響力が強まる中、台湾を主体と考える「台湾意識」の高まりがある。

 蔡氏の就任式は5月20日で任期は4年。蔡氏とペアを組んだ中央研究院の元副院長、陳建仁氏(64)が副総統となる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪カーリング 日本がスウェーデンに逆転勝ち 2位浮上
  2. 五輪ジャンプ 45歳葛西「22年北京もう絶対に出ます」
  3. 南相馬中2女子自殺 「学校は真実話して」 父、無念語る
  4. 南相馬 中2女子が自殺…同級生からのいじめ訴え
  5. いじめ 「被害者も悪い」小中3割 金沢市教委アンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]