メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米と受刑者交換成立 双方で記者ら11人釈放

 【テヘラン田中龍士】イランのファルス通信は16日、同国と米国の間で受刑者の交換が成立し、双方で収監していた計11人の受刑者が釈放されたと報じた。スパイ罪などで訴追されていた米紙ワシントン・ポストのテヘラン支局長、ジェーソン・レザイアン記者も1年半ぶりに釈放された。イラン核問題を巡る欧米などの制裁解除を節目に、両国が受刑者交換に踏み切った可能性がある。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 舛添氏 どれが「シロ」? 政治資金問題、都議会追及へ
    2. 橋下前大阪市長 舛添都知事問題「セコイ」 島根で講演
    3. 特集ワイド 「原点」忘れた?舛添都知事 「弱者向いた政治を」→福祉政策に疑問符 「公のために尽くす」→クリーンほど遠く
    4. 熊本地震 「出直せ」罹災証明書めぐり益城町民から怒り
    5. 小学館 本の回収を要請 西原さんと高須さん共著書

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]