メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米と受刑者交換成立 双方で記者ら11人釈放

 【テヘラン田中龍士】イランのファルス通信は16日、同国と米国の間で受刑者の交換が成立し、双方で収監していた計11人の受刑者が釈放されたと報じた。スパイ罪などで訴追されていた米紙ワシントン・ポストのテヘラン支局長、ジェーソン・レザイアン記者も1年半ぶりに釈放された。イラン核問題を巡る欧米などの制裁解除を節目に、両国が受刑者交換に踏み切った可能性がある。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. AKB48小嶋陽菜 卒業日決まるも早くも未練 「一応、卒業します」
    2. 大阪・国有地売却 8億円減額の根拠示せず 国側
    3. 契約違反 レオパレスを提訴 賃料未払いと129人
    4. サンデー 異色のグラビア予告 謎の10代女性が「コナン」の“黒い人”に
    5. 社説 MXテレビ 電波の公共性 自覚せよ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]