メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

各花街の名妓競演 京都に160人

八花街の芸舞妓や芸者が舞台上で勢ぞろいした「八花絢爛」=京都市左京区のロームシアター京都で2016年1月16日、小松雄介撮影

 京都五花街と東京新橋、金沢三茶屋街、福岡・博多券番の芸舞妓(まいこ)や芸者ら約160人が一堂に会する合同公演「八花絢爛(はっかけんらん)」が16日、京都市左京区のロームシアター京都であった。流派の異なる各花街の名妓が競演し、約2000人を魅了した。

     花街文化の保存・継承に取り組む京都伝統伎芸振興財団が創立20周年記念事業として開催。「祇園手打」「博多座敷唄」など、各花街がそれぞれ華麗な舞や太鼓を披露した。フィナーレでは「祇園小唄」が響く中、全員が舞台に勢ぞろいし、大きな拍手が湧いた。【岡崎英遠】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相模原殺傷 容疑者「ヒトラーの思想が降りてきた」
    2. 相模原殺傷 尊厳否定「二重の殺人」全盲・全ろう東大教授
    3. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
    4. 相模原殺傷 19遺体ほとんどベッドで 逃げる間なく被害
    5. 無尾翼機 ナウシカ「メーヴェ」よ 白く美しく 大空舞え

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]