メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立競技場

都有地を国に無償貸与

 東京都は、2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(新宿区)の建設予定地の一部にある約2万6000平方メートルの都有地を国に無償貸与することを決めた。18日の都議会特別委員会で報告する。

     国や都が所有する競技会場などについては、五輪招致時に大会組織委員会が無償で使うことができるとする合意が交わされた。昨年制定された特別措置法でも、国有財産の無償使用を可能とする規定が盛り込まれている。関係者によると、都は大会終了時まで無償で国に都有地を貸与し、国が組織委に無償で使用させる見通し。

     都は他に、組織委が整備する体操やビーチバレーなど仮設の競技会場6カ所についても、都有地を組織委に無償で貸与することを特別委で報告する予定。【飯山太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
    2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
    3. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
    4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    5. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]