メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都有地を国に無償貸与

 東京都は、2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(新宿区)の建設予定地の一部にある約2万6000平方メートルの都有地を国に無償貸与することを決めた。18日の都議会特別委員会で報告する。

     国や都が所有する競技会場などについては、五輪招致時に大会組織委員会が無償で使うことができるとする合意が交わされた。昨年制定された特別措置法でも、国有財産の無償使用を可能とする規定が盛り込まれている。関係者によると、都は大会終了時まで無償で国に都有地を貸与し、国が組織委に無償で使用させる見通し。

     都は他に、組織委が整備する体操やビーチバレーなど仮設の競技会場6カ所についても、都有地を組織委に無償で貸与することを特別委で報告する予定。【飯山太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. テレビ大阪 長谷川アナ降板 ブログ内容「不適切」と判断
    2. 受動喫煙 国立がんセンター 異例の反論文
    3. 傷害致死 容疑で15歳逮捕 31歳知人蹴り死なす 大阪・柏原
    4. 五輪調査中間報告 高額3施設に縮小要求 代替地は歓迎
    5. 東京・吉祥寺 私立保育園が開園断念 近隣住民反対で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]