メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外JOC竹田会長が退任表明 6月の任期満了で
くらしナビ・学ぶ

教員定数を考える/上 ビデオ授業で学校力補え 「教育改革実践家」藤原和博さんに聞く

※文部科学省調べ

 少子化で子どもが減る一方、学校が直面する課題は増え、複雑化している。そうした中で教員は何人必要なのか。教員定数の削減を求める財務省と、食い止めを図る文部科学省が繰り広げる攻防に終止符を打つ手はないのか。教育学者とは違った切り口で教育界に新風を吹き込む有識者2人に意見を聞いた。今回は、民間出身の校長として、進学塾と連携した夜間塾など公教育にさまざまな試みを仕掛け続けている「教育改革実践家」藤原和博さんの声を紹介する。【三木陽介】

 今の教員の年齢構成はいびつで、全国の公立小中学校では50代が最も多く約35%を占める。この世代は学…

この記事は有料記事です。

残り2365文字(全文2631文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  4. 「いだてん」ピエール瀧容疑者の代役は三宅弘城さん
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです