メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市長

安全運転、根回し優先 吉村氏就任1カ月

ヘイトスピーチの抑止策をまとめた全国初の条例を可決し、笑顔を見せる吉村洋文・大阪市長=大阪市北区で2016年1月15日午後10時48分、梅田麻衣子撮影

 大阪市の吉村洋文市長が19日で就任1カ月を迎える。ヘイトスピーチ抑止条例の成立などで成果を上げる中、目立つのは市議会に配慮した安全運転ぶりだ。強気に市政運営してきた橋下徹前市長とは対照的で、「大阪都構想」に協力を仰ぐため議会との良好な関係を築く戦略とみられる。

 「議会の同意がないと進まない政策を、ここで打ち上げるのはどうかと思う」。12月21日の就任記者会見。橋下氏は世論を盾にして議員に賛同を迫る手法だったが、吉村市長は根回しを優先する考えを示した。都構想についても任期中の住民投票を目指すとしつつ、法定協議会の設置時期など具体的なスケジュールへの言及を避けている。議会を刺激しないよう気を使っているようだ。

 こうした協調姿勢が今月15日の市議会で実った。橋下市政から積み残されたヘイトスピーチ抑止条例や「民…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1264文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
  2. 西日本豪雨 ボランティア、大阪の小6も大粒の汗 広島
  3. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
  4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  5. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]