メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市長

安全運転、根回し優先 吉村氏就任1カ月

ヘイトスピーチの抑止策をまとめた全国初の条例を可決し、笑顔を見せる吉村洋文・大阪市長=大阪市北区で2016年1月15日午後10時48分、梅田麻衣子撮影

 大阪市の吉村洋文市長が19日で就任1カ月を迎える。ヘイトスピーチ抑止条例の成立などで成果を上げる中、目立つのは市議会に配慮した安全運転ぶりだ。強気に市政運営してきた橋下徹前市長とは対照的で、「大阪都構想」に協力を仰ぐため議会との良好な関係を築く戦略とみられる。

 「議会の同意がないと進まない政策を、ここで打ち上げるのはどうかと思う」。12月21日の就任記者会見。橋下氏は世論を盾にして議員に賛同を迫る手法だったが、吉村市長は根回しを優先する考えを示した。都構想についても任期中の住民投票を目指すとしつつ、法定協議会の設置時期など具体的なスケジュールへの言及を避けている。議会を刺激しないよう気を使っているようだ。

 こうした協調姿勢が今月15日の市議会で実った。橋下市政から積み残されたヘイトスピーチ抑止条例や「民…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1264文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  4. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に
  5. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]