メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「大沢悠里のゆうゆうワイド」4月終了

大沢悠里さん=本人提供

 TBSラジオは18日、1986年4月7日に始まった「大沢悠里のゆうゆうワイド」を30年の節目にあたる今年4月8日の放送で終了すると発表した。最終回までの通算放送回数は7808回に達する。

 同番組のパーソナリティー(進行役)、大沢悠里(ゆうり)さん(74)が18日の番組内で明らかにした。番組終了の理由について大沢さんは「30年続け、4時間半の放送に疲れを感じるようになった」と年齢や体力面の問題を挙げ、「家族のためにも元気なうちに番組を降りようと考えた」と話した。

 同番組は月〜金曜午前8時半から4時間半の生放送。大沢さんとゲストの軽妙なトークのほか、毒蝮三太夫さんらの定番コーナー、聴取者からの色っぽくユーモアあふれる投稿を紹介する「お色気大賞」などの名物企画で人気を集めた。聴取率調査では、首都圏で首位争いを続けてきた。昨年も、俳優の砂川啓介さんが番組内で、妻で俳優の大山のぶ代さんが認知症であると告白し、注目を集めた。

 毎夏、終戦記念日前後には、ジャーナリストの秋山ちえ子さんが、戦時下に命を奪われた動物園の象の童話「かわいそうなぞう」を朗読してきた。

 後継番組のパーソナリティーは、タレントの伊集院光さん(48)が務める。【北林靖彦】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・女児死亡 43階高層マンションから 誤って転落か
  2. きび談語 愛媛県八幡浜市で乳児と見られる5遺体が見つかった事件… /岡山
  3. 中2女子自殺 「死にたい」とメモ…同じ部活、親友同士
  4. 兵庫・高1死亡 担任や同級生の目前で飛び降り
  5. 老後破産 “元凶”は「住宅」にあり! 松谷明彦・政策研究大学院大名誉教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]