メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東・北日本「大雪」警戒…本州南岸に低気圧 気象庁

暴風雪に警戒・注意する時間帯

 気象庁は17日、急速に発達する低気圧の影響で18日昼ごろにかけて東日本と北日本の太平洋側を中心に湿った雪が降り、大雪となる見込みだとして警戒を呼びかけた。山沿いのほか平野部でも雪が積もるとみられ、東京23区では10センチ程度の積雪が予想されている。

     気象庁によると、上空の寒気と南からの湿った暖気の影響で、低気圧が本州の南岸を北東に進みながら急速に発達し、19日には北海道付近に達する。この「南岸低気圧」は過去にも大雪を降らせた。

     18日午後6時までの24時間に予想される降雪量は多い所で、東北60センチ▽関東甲信50センチ▽北陸、東海30センチ▽北海道、中国20〜25センチ。首都圏では多数の交通事故や負傷者が生じた2013年1月14日の大雪(都心で8センチ)に匹敵するという。北日本から西日本では猛吹雪となる所がある。

     低気圧の通過後、本州付近は南下した強い寒気に覆われ、19〜21日ごろにかけ冬型の気圧配置が強まる見通しで、19日も日本海側を中心に大雪や暴風雪となり、太平洋側にも雪雲が流れ込み平野部で積雪の恐れがある。19日午後6時までの24時間の予想降雪量は多い所で、北海道120センチ▽北陸100センチ▽東海70センチ▽東北60センチ▽近畿50センチ▽中国40センチ。【狩野智彦】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    2. 余録 「母の手は赤子となりて介護士の豊かな胸をそっと触りぬ…
    3. くらしナビ・ライフスタイル よい介護施設、見分けるには
    4. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    5. 介護職員 高齢者虐待2014年度300件 35%急増

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]