メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不正行為7件…スマホ使用など、初公表

 大学入試センターは17日、試験中のスマートフォン使用や問題冊子の持ち出しなどの不正行為が2日間で7件あったと発表した。スマートフォンを使った不正の発覚は初で、受験生7人の成績を全科目で無効とした。

 東京都では受験生が試験中トイレに立ち、出てきた受験生のかばんの中を誘導員が確かめたところ問題冊子が入っていた。静岡県では受験生がスマートフォンを操作しているのを監督者が発見した。操作内容は不明。いずれも16日の外国語の試験で、問題漏えいはなかったとみられる。

 他にカンニングペーパーの持ち込み2人、定規使用2人、終了の指示に従わず消しゴムを使い続けた1人が不正と判断。センター試験での不正行為は、過去10年間に替え玉受験を含め65件あったが、大学入試センターは公表せず批判を受け、今年から公表することにした。【三木陽介】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 舛添氏 どれが「シロ」? 政治資金問題、都議会追及へ
  2. 小学館 本の回収を要請 西原さんと高須さん共著書
  3. 橋下前大阪市長 舛添都知事問題「セコイ」 島根で講演
  4. 特集ワイド 「原点」忘れた?舛添都知事 「弱者向いた政治を」→福祉政策に疑問符 「公のために尽くす」→クリーンほど遠く
  5. ヘイトスピーチ 公園利用を全国初の不許可 対策法で規制容易に 強行の対応に限界も 川崎市 /神奈川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]