メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキーバス転落

制御困難、100メートル以上か

バス転落事故の状況

左側にもタイヤ痕

 長野県軽井沢町で15日未明に起きたスキーツアーバス転落事故で、現場の手前約100メートル地点で既に見つかっている左側ガードレールの接触痕よりさらに手前に、事故車両のものとみられるタイヤ痕があることが分かった。この痕は左側のタイヤ分しかなく、左へ過度に荷重が掛かる状態だったとみられる。県警軽井沢署捜査本部は、バスはガードレールに接触する前から制御困難となっていてガードレールに接触、反動でセンターラインを越えて事故に至ったとみて詳しく調べる。

 新たに見つかったタイヤ痕は、走行車線から白線をまたぎ路側帯へ約8メートル延びている。そのすぐ先の左…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文918文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです