メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊岐須小

ミャンマーに学校を 6年生120人が地域の古紙回収 飯塚 /福岡

校区を回って古紙を集める子供たち

 ミャンマーでの学校建設に役立ててもらおうと飯塚市伊岐須、市立伊岐須小(垂水陽子校長)の6年生約120人が、地域で古紙回収に汗を流した。

 資源ごみ回収で得た資金で現地の学校建設を支援する取り組みで、同市横田の市民グループ代表、山元将生(たかお)さん(83)が2000年から続けており、伊岐須小も02年から学校ぐるみで協力している。

 この日は、子供たちが数人の小グループに分かれて、事前に協力をお願いしていた店舗などを訪問。古新聞や…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文524文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]