メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球ING・進行形の現場から

第24回 若者の薬物・アルコール依存 ウゲン・ペンジョル氏インタビュー

ウゲン・ペンジョル氏

「幸せ」追求へ環境を整備 ブータン唯一の日刊紙クエンセル編集主幹、ウゲン・ペンジョル氏

−−近年の発展で社会はどれほど変わりましたか。

 ◆首都郊外でも2006年ごろまでは田んぼでしたが、農民たちが土地を売ってマンションを建てるようになり、風景は完全に変わりました。住民の価値観も変化しています。例えば1月2日は「ニロ」という新年を祝う日で、子供たちが村内の各戸を巡って祝福の歌を歌う慣習があります。そしてお礼に食べ物をもらい、外へ遊びに行くのです。ところが、5〜6年前から首都近郊ではこの伝統は消えてしまいました。子供たちは恥ずかしがってやらなくなり、代わりにジーンズを着て町を歩くようになったのです。商業主義が広まり、お金の価値が明らかに高まりました。多くの人が村を出て都市を目指すのもそのためです。これにより、耕作放棄地ができ、大きな問題となっています。

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1188文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か
  4. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  5. ドカベン 長寿野球マンガが完結へ 46年の歴史に幕 「チャンピオン」次号で最終章が最終回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]