メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球ING・進行形の現場から

第24回 若者の薬物・アルコール依存 ウゲン・ペンジョル氏インタビュー

ウゲン・ペンジョル氏

「幸せ」追求へ環境を整備 ブータン唯一の日刊紙クエンセル編集主幹、ウゲン・ペンジョル氏

−−近年の発展で社会はどれほど変わりましたか。

 ◆首都郊外でも2006年ごろまでは田んぼでしたが、農民たちが土地を売ってマンションを建てるようになり、風景は完全に変わりました。住民の価値観も変化しています。例えば1月2日は「ニロ」という新年を祝う日で、子供たちが村内の各戸を巡って祝福の歌を歌う慣習があります。そしてお礼に食べ物をもらい、外へ遊びに行くのです。ところが、5〜6年前から首都近郊ではこの伝統は消えてしまいました。子供たちは恥ずかしがってやらなくなり、代わりにジーンズを着て町を歩くようになったのです。商業主義が広まり、お金の価値が明らかに高まりました。多くの人が村を出て都市を目指すのもそのためです。これにより、耕作放棄地ができ、大きな問題となっています。

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1188文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  2. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  3. 富田林署逃走 本部長が謝罪コメント「多大なご不安」
  4. プロ野球 広島がマジック点灯「32」
  5. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです