メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

高齢化社会で増えるロコモ 歩く、トイレ、買い物…日常生活に支障

骨や筋肉、関節、神経 運動器の疾患・老化、予防大事

 超高齢化社会になり、膝や腰などを痛めて日常生活に支障をきたす高齢者が増えている。日本整形外科学会の認定運動器リハビリテーション医でもある瀧川整形外科医院(高松市林町)の三木信孝院長(50)は、このような障害についてリハビリテーションによる改善、再発予防を目指している。現状を聞いた。

 −運動器リハビリテーション医というのは、あまり聞きなれない名称ですね。

この記事は有料記事です。

残り3244文字(全文3447文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 約3000年前の小さな靴を発掘 新生児用か、飾りひもも エジプトの遺跡
  3. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉
  4. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  5. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです