メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

高齢化社会で増えるロコモ 歩く、トイレ、買い物…日常生活に支障

骨や筋肉、関節、神経 運動器の疾患・老化、予防大事

 超高齢化社会になり、膝や腰などを痛めて日常生活に支障をきたす高齢者が増えている。日本整形外科学会の認定運動器リハビリテーション医でもある瀧川整形外科医院(高松市林町)の三木信孝院長(50)は、このような障害についてリハビリテーションによる改善、再発予防を目指している。現状を聞いた。

 −運動器リハビリテーション医というのは、あまり聞きなれない名称ですね。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種
  5. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです