メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

高齢化社会で増えるロコモ 歩く、トイレ、買い物…日常生活に支障

骨や筋肉、関節、神経 運動器の疾患・老化、予防大事

 超高齢化社会になり、膝や腰などを痛めて日常生活に支障をきたす高齢者が増えている。日本整形外科学会の認定運動器リハビリテーション医でもある瀧川整形外科医院(高松市林町)の三木信孝院長(50)は、このような障害についてリハビリテーションによる改善、再発予防を目指している。現状を聞いた。

 −運動器リハビリテーション医というのは、あまり聞きなれない名称ですね。

この記事は有料記事です。

残り3244文字(全文3447文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都教委 自民都議問題視の性教育容認 中3に性交など説明
  2. 北電 企業や家庭への節電協力を緩和
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  5. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです