メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

47%増1973万人 消費も最高3.4兆円

訪日外国人旅行者数と出国日本人数の推移

 政府観光局が19日発表した2015年の訪日外国人観光客数は、前年比47.1%増の1973万7400人で、過去最高だった14年の1341万3467人を大幅に上回り、3年連続で過去最高を更新した。訪日ビザ(査証)の要件緩和や円安などを受けて、中国などアジアを中心に訪日ブームが続き、1964年の統計開始以降、最大の伸びとなった。1000万人を突破した13年から2年でほぼ倍増しており、年間2000万人の政府目標が目前に迫った。

     15年の訪日外国人による消費額も発表され、前年比71%増の3兆4771億円で過去最高を記録した。

     記者会見した石井啓一国土交通相は「16年には2000万人を超えることが期待される。ただ、中国経済の先行き不透明感が増しており、15年のような急激な増加が続くとは考えにくく、伸びは少し緩やかになるのではないか」と述べた。

     国・地域別では、中国が1位で約2.1倍の499万人。航空路線の増加や現地での宣伝活動などが寄与した。韓国が同45%増の400万人、台湾が同30%増の367万人と続いた。

     訪日客が日本滞在中に買い物や宿泊、飲食などに使った消費額を国・地域別で見ると、中国が1位で同約2.5倍の1兆4174億円。中国人観光客による「爆買い」が統計からも裏付けられた形だ。2位が台湾で同47%増の5207億円、3位が韓国で同44%増の3008億円だった。

     一方、15年に出国した日本人は同4%減の1621万2100人。大阪万博が開かれた70年以来45年ぶりに訪日外国人が出国日本人を上回った。

     海外から人やお金を呼び込むことで経済成長を下支えしようと、歴代政権は訪日外国人を増やすことを目標に掲げてきた。安倍晋三政権になり円安が進んだほか、訪日ビザの発給要件緩和や国際航空路線の拡大などが追い風となり、訪日客は大幅に増加してきた。

     安倍政権は「東京五輪が開かれる20年に訪日外国人2000万人」の目標を掲げるが、現状のペースで推移すれば16年にも前倒しで達成しそうなため、新たな目標の設定が検討されている。ただ、中国経済の減速などを背景に、勢いが鈍る可能性もある。【山口知、和田憲二】

    解説 受け入れ態勢拡充を

     訪日外国人数が過去最高を記録したのは、中国など東アジアからの訪問客が大幅に伸びたことが主な要因だ。中国、韓国など4カ国・地域だけで全体の72%を占め、2014年の66%からシェアを伸ばした。一方、欧米や東南アジアからの訪問客も14年比では増えているものの、伸び率では及ばずシェアが低下した。

     中国からの訪日客は1人当たりの消費額が1位で、全訪日客平均の17万円を大きく上回る28万円だった。日本各地で家電製品や化粧品などを大量に買い込む光景が日常的に見られている。訪日外国人観光客が1万円以上買い物をすると、消費税がかからない「免税店」が各地に増えていることも、旺盛な消費を後押ししている。

     ただ、15年夏以降、中国では為替市場で人民元安が進行しているほか、経済も減速している。観光業関係者からは「今後は欧米や東南アジアから、より多くの外国人を受け入れることが重要になる」と指摘する声もあり、15年と同様のペースで訪日外国人数が今後も増加するかは見通せない。現地の旅行業者やメディアなどに、日本の魅力をPRする活動がより一層求められる。

     一方、外国人観光客が急増していることで、受け入れの障害になるさまざまな課題も表面化してきた。ホテルの稼働率は8割近くで推移しており、中国からの観光客に人気の東京や大阪、京都などでは週末にほぼ満室になる施設が続出している。また、外国人観光客が入国審査の際に空港で長時間待たされたり、観光客の貸し切りバスの駐車で道路が渋滞したりするなどの事態が起きている。多言語表示や公衆無線LAN「Wi−Fi(ワイファイ)」不足なども指摘されることが多い。

     政府は3000万人〜4000万人の目標設定も視野に入れているが、達成にはこうしたインフラ整備が欠かせない。個人宅などに外国人観光客を泊める「民泊」の議論を加速する必要があるほか、地方への誘致、入国審査体制の見直しなどが求められている。【山口知】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 24時間テレビ 裕太容疑者逮捕で前代未聞ドタバタ劇も間に合った
    2. 貧困たたき 新宿で緊急抗議デモ 作家の雨宮処凛さんらも
    3. 高畑容疑者 淳子さん会見での質問に批判殺到「不快だ」「母親に聞くな」
    4. 鈴木亜美 夫との“交際きっかけ”詳細語る 松本人志は「とんだ尻軽女」
    5. 台風10号 29日にかけ局地的に非常に激しい雨 東日本

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]