メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グレン・フライさん67歳=イーグルス創設メンバー

 世界的なヒット曲「ホテル・カリフォルニア」などで知られる米ロックバンド「イーグルス」の創設メンバー、グレン・フライさんが18日、死去した。67歳だった。肺炎や急性潰瘍性大腸炎などの合併症を患っていた。バンドの公式サイトが明らかにした。

     米メディアによると、フライさんは米デトロイト出身。米歌手リンダ・ロンシュタットさんのバックバンドを経て、ロサンゼルスで1971年にドン・ヘンリーさんらとイーグルスを結成した。バンドではギターやボーカルなどを担当。暗喩に富んだ歌詞が特徴的な「ホテル・カリフォルニア」や「デスペラード(ならず者)」など、ロックにカントリーミュージックの要素を加えた楽曲をヘンリーさんと制作。70年代の米音楽を代表するバンドとして活躍した。これまでのアルバム売り上げは1億5000万枚以上に上る。

     80年のイーグルス解散後は、ソロとして活動。84年の映画「ビバリーヒルズ・コップ」の挿入歌「ザ・ヒート・イズ・オン」などがヒットした。

     ヘンリーさんは「彼が(バンドの)中心人物で、計画性もあった。ポップ音楽の知識は百科事典並みで、職業倫理もあった」とコメント。「彼との出会いは私の人生を変えた。彼なしの世界を生きていくことはとても奇妙だ」とフライさんの死を悼んだ。【三木幸治】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
    2. 稲田防衛相辞任へ 自民から厳しい声 国民の命預けられぬ
    3. 日報非公表 稲田氏、関与は否定 特別防衛監察結果を公表
    4. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
    5. 朝鮮学校 無償化は義務、国の処分取り消し 大阪地裁判決

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]