メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農水省も処分 30日間業務停止

 熊本市の一般財団法人「化学及(および)血清療法研究所」(化血研)が動物用ワクチンを未承認の方法で製造した問題で、農林水産省は19日、医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づき26日から30日間の業務停止処分を出した。製造販売している動物用ワクチンなど44製品のうち代替品の確保が難しい10製品は対象から除外した。

     農水省によると、不正が確認されたのは29製品で、最も古いものは30年前から国の承認と異なる製造が行われていた。隠蔽(いんぺい)行為などは確認されなかった。問題発覚後、化血研から製造方法の変更申請があり、安全性に問題がないことが確認されたため、昨年12月までに製造法を承認したという。

     化血研を巡っては、血液製剤を未承認の方法で製造したとして厚生労働省が18日から110日間の業務停止処分を出している。【黒田阿紗子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
    2. 都議会総務委 舛添氏、資料提出拒む…政治資金使い道
    3. 交通事故 テントさん、はねられ死亡…吉本お笑いタレント
    4. 男性重体 胸から血、病院に搬送…京都の路上
    5. 小泉今日子 亡き父との思い出語る 「本当にウマが合った」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]