メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハウステンボス

無人島を取得 来年にも新施設 大村湾

長島の位置

 大型リゾート施設、ハウステンボス(長崎県佐世保市)は19日、大村湾の無人島、長島(同県西海市)を取得したことを明らかにした。取得額は非公表。来年にも新たな施設をオープンする方針で、島全体の活用方法を検討している。

 長島はハウステンボスから南西へ約6キロの距離にあり、広さ約3万9000平方メートル。昨年11月下旬に、複数の地権者から島全体を購入した。ハウステンボス内はホテル建設などで手狭になっており、周辺の島など新たな事業用地を探していた。ハウステンボスと船で結び、ファミリー向けのリゾートなどを検討する。

 ハウステンボスは、大手旅行会社のエイチ・アイ・エス創業者の沢田秀雄氏が2010年に社長就任後、「王国シリーズ」と銘打って花や光、音楽などをテーマにしたイベントを次々に展開して来場者を増やしている。15年9月期は15年ぶりに300万人を超えた。【神崎修一】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. 大阪北部地震 風評被害で訪日客減少懸念 情報発信を強化

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]