メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫関連のツアーや商品、人気 広島・尾道

「県路地裏観光課長」を拝命した猫のララ。お目当ての観光客が増えているといい、「ネコノミクス」に一役買っている=広島県尾道市の尾道本通り商店街で、菅沼舞撮影

 2016年、広島に「ネコノミクス」の風が吹く−−。写真集やゲーム、グッズの販売など、猫が生み出す経済効果「ネコノミクス」。旅行会社やメーカーなどは空前の猫人気を商機と捉え、「猫のまち」として知られる広島県尾道市を舞台に、さまざまな商品を販売している。県も観光PRに猫を採用するなど、期せずして「ネコノミクス」に便乗した形だ。【菅沼舞】

     大手旅行会社「JTB中国四国」(広島市中区)は、県から委託を受け、尾道観光協会と協力して昨年秋から「尾道 猫の待っている路地めぐり・ぐるめぐりツアー」を開催。猫が出没するスポットなどを巡る内容で、毎回定員を超える申し込みがある人気ぶり。反響を受け、2月21日には、猫好きが交流するイベント「尾道 猫好きのまつり」を開催する。猫のフェースペインティングや、写真家による猫の撮影方法の講習、尾道市立大学ねこ同好会の研究発表などが楽しめる。同社は「手応えはある」として4月以降も、猫に絡めた商品を販売する計画だ。

    猫をモチーフにした菓子「浜にゃんこ」。土産物としても人気という=菅沼舞撮影

     尾道市内には、猫にちなむ商品を扱う店も増えている。菓子製造「浜だんな製菓」栗原店は、猫がモチーフの菓子を詰め合わせた店限定の「浜にゃんこ」(税込み648円)を昨年9月から販売し、売れ行きは上々。「尾道といえば猫。新店舗オープンに合わせた」と説明する。

     1878年創業の「今川玉香園茶舗」では、オリジナルブレンドの尾道紅茶のパッケージに猫をデザイン。同店はJTBツアーのルートにも組み込まれており、「10年前からデザインは変わらないが、猫好きのお客さんが急増し驚いている。パッケージをきっかけに紅茶の味を知ってもらえれば」と話している。

     ネコノミクスは行政にも広がりをみせる。県の観光プロモーション事業「カンパイ!広島県」では、猫の目線で尾道の路地裏を散策できる「広島キャットストリートビュー」を開設。県観光課は「『ネコノミクス』を狙ったわけではないが、タイミングが良い具合に合った。反響も大きく、新年度も何らかの形で猫の手を借りたい」としている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 謎の穴 落雷?隕石落下?…麦畑にぽっかり 青森・つがる
    2. デジタル iPhoneの充電が面倒な人にはコレ! 置くだけで充電できるワイヤレス充電器「XVIDA」(GetNavi web)
    3. 東芝 半導体事業 2兆円以上の応札も 入札締め切りに10社
    4. 那須雪崩 「経験則」から慢心…歩行訓練、3教諭で決断
    5. 川崎宗則 カ軍契約解除で…「日本も韓国も台湾も」選択肢(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]