メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鎌倉大仏

55年ぶり 保存修理工事準備が整う

保存修理工事の準備がほぼ整った銅造阿弥陀如来坐像(鎌倉大仏)=神奈川県鎌倉市で2016年1月18日、本社ヘリから喜屋武真之介撮影

 神奈川県鎌倉市の国宝・鎌倉大仏(銅造阿弥陀如来坐像=あみだにょらいざぞう)で55年ぶりに実施される保存修理工事の準備が、18日ほぼ整った。大仏の周囲は足場となる鉄材で覆われ、ロボットが空へ飛び立つSF映画の一コマを思わせる外観。拝観者らは珍しい光景を興味深く見つめていた。

 大仏は1959年から2年半がかりで「昭和の大修理」が実施さ…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  3. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕
  4. 急性アルコール中毒死の客を路上に 死体遺棄容疑で元キャバクラ店長ら逮捕
  5. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです