メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「電車に乗れない!」弱さ浮き彫りの交通網 首都圏

大雪によるダイヤの乱れで混雑する東急溝の口駅=川崎市高津区で2016年1月18日午前9時20分、太田圭介撮影

 急速に発達中の低気圧の影響で、18日は東日本と北日本を中心に各地で雪が強く降った。19日も北海道や日本海側の山沿いを中心に降雪が強まり、大雪となる所がある。今季初めて積雪した首都圏では、各駅で電車に乗れない客があふれ、雪に弱い都市の交通網を浮き彫りにした。

 毎日新聞の18日午後6時現在のまとめでは、関東甲信と東北地方、静岡県の13都県で雪が原因とみられる事故は1383件、事故や歩行中の転倒などによる負傷者は260人に上った。

 気象庁によると、24時間降雪量は関東甲信や東北の山沿いを中心に20〜40センチ前後を観測。風も強まり、各地で30メートル前後の最大瞬間風速を観測した。19日は日本海側から風が吹き抜けやすい名古屋、広島両市周辺など太平洋側の平野部でも雪が積もる恐れがある。同日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北海道、北陸100センチ▽東北、東海70センチ▽中国50センチ▽関東甲信40センチ▽近畿、四国30センチ▽九州20センチ。

 都心を含む関東の平野部では19日の降雪はない見込みだが、気象庁は「18日の雪が解け、路面凍結が懸念される。足元に注意してほしい」と呼びかけた。

 一方、18日の首都圏の大雪では、鉄道各線で電車の運行本数が大幅に減らされ、電車に乗れない利用者が多数出た各駅でホームへの入場規制をしたため、改札前に長蛇の列ができた。各社は削減理由を「大雪時はトラブルが続きやすく、駅の間で電車が長時間止まることによる混乱拡大を防ぐため」などと説明するが、それ以外に架線断線などで車両が基地から出発できずに車両不足に陥った路線もあるなど予期した以上の影響があった。

 特に京王電鉄では、3カ所の車両基地全てで架線断線が起きた上、相模原線の一部区間が倒木で運休となり、最も利用者の多い京王本線で朝のラッシュをさばくだけの車両を確保できなかった。さらにこの日は、急行などへの利用者集中を防ぐために各駅停車だけにした路線も多かったが、そのうち東急東横線はホームが短く8両編成しか止まれない駅もあるため通常は特急や急行に使う10両編成を投入できなかった。その結果、京王線は約3割、東急東横線は半分程度しか運行できなかった。

 これに対し、京王線や東急線に挟まれた小田急小田原線は都心寄りで複々線区間が長いこともあり、最大80分の遅れは出たものの、本数の削減は比較的少なかった。

 また、東海道・東北などの各新幹線ではポイントが切り替わらなくなるなどして運休や遅れが発生し、約9万6300人に影響した。空の便も羽田空港や東北、北海道の各空港発着便を中心にダイヤが乱れ、18日午後6時半現在、日本航空と全日空合わせて209便が欠航し、計1万7760人に影響。日航と全日空は19日も計47便の欠航を決めている。【本多健、狩野智彦、柳澤一男】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 舛添氏 どれが「シロ」? 政治資金問題、都議会追及へ
  2. 橋下前大阪市長 舛添都知事問題「セコイ」 島根で講演
  3. 特集ワイド 「原点」忘れた?舛添都知事 「弱者向いた政治を」→福祉政策に疑問符 「公のために尽くす」→クリーンほど遠く
  4. 熊本地震 「出直せ」罹災証明書めぐり益城町民から怒り
  5. 小学館 本の回収を要請 西原さんと高須さん共著書

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]