メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーと大学生が和解 解決金200万円で

仙台地裁の労働審判

 一昨年8月から昨年2月まで計7カ月間無給で働かされたとして、仙台市青葉区のバーでアルバイトをしていた20代の男子大学生が未払い賃金など約210万円の支払いを男性経営者に求めた仙台地裁の労働審判で、経営者が解決金200万円を学生に支払うことで和解が成立した。和解は15日付。学生の代理人弁護士が18日、明らかにした。

     弁護士によると、学生は「早期に和解が成立して良かった。これを機にブラックバイトが無くなってほしい」とコメントしている。【伊藤直孝】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 男児置き去り 依然見つからず 写真を公開 北海道
    2. ロシア 大統領公式訪日要求 日本、「非公式山口で」打診
    3. ワゴン車ダム転落 数十メートル前で対向車線に
    4. 医療事故 両目手術でミス、レンズ左右逆に 新大病院 /新潟
    5. 韓国 ソウルで福岡の29歳女性死亡 整形手術後に宿で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]