メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーと大学生が和解 解決金200万円で

仙台地裁の労働審判

 一昨年8月から昨年2月まで計7カ月間無給で働かされたとして、仙台市青葉区のバーでアルバイトをしていた20代の男子大学生が未払い賃金など約210万円の支払いを男性経営者に求めた仙台地裁の労働審判で、経営者が解決金200万円を学生に支払うことで和解が成立した。和解は15日付。学生の代理人弁護士が18日、明らかにした。

     弁護士によると、学生は「早期に和解が成立して良かった。これを機にブラックバイトが無くなってほしい」とコメントしている。【伊藤直孝】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 巨人・山口投手 病院警備員への傷害容疑などで書類送検
    2. ORICON NEWS 片岡鶴太郎、3月に離婚していた
    3. バルセロナテロ 夏のバカンス暗転 「次々宙に舞った」
    4. 人種差別 「ナチス」旗でJ1応援 痛み想像する力の欠如
    5. 米国 極右は「ピエロの集団」…バノン氏、非難受け弁明

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]