メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーと大学生が和解 解決金200万円で

仙台地裁の労働審判

 一昨年8月から昨年2月まで計7カ月間無給で働かされたとして、仙台市青葉区のバーでアルバイトをしていた20代の男子大学生が未払い賃金など約210万円の支払いを男性経営者に求めた仙台地裁の労働審判で、経営者が解決金200万円を学生に支払うことで和解が成立した。和解は15日付。学生の代理人弁護士が18日、明らかにした。

     弁護士によると、学生は「早期に和解が成立して良かった。これを機にブラックバイトが無くなってほしい」とコメントしている。【伊藤直孝】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 御伽ねこむ 「ああっ女神さまっ」の藤島康介と31歳差婚 妊娠も
    2. 都知事選 小池百合子元防衛相が出馬表明
    3. 都知事選候補 民進都議、片山氏で一致 都連が調整へ
    4. 都知事選 桜井前次官に出馬要請へ 自民党都連
    5. トルコ空港テロ 深夜の空港に爆音と悲鳴 利用客「早く着いてたら…」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]