メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅館

八幡堀近くに3月、誕生へ 築300年の古民家改装 和の伝統美、外国人観光客に 近江八幡 /滋賀

3月のオープンに向け、改装が進む客室=滋賀県近江八幡市仲屋町中で、金子裕次郎撮影

 時代劇のロケ地として知られる近江八幡市の八幡堀近くに3月、築300年と伝わる古民家を改装した旅館が誕生する。名称は未定だが、近年増加傾向にある外国人観光客が気軽に宿泊できるような雰囲気とする方針。オープンすれば旧市街地内では唯一の宿泊施設となる。【金子裕次郎】

 旅館に生まれ変わるのは、同市仲屋町中にある建物。以前は江戸時代末期創業の造り酒屋だったが、現在はイベントスペース「近江八幡まちや倶楽部(くらぶ)」となっている。

 計画では、建物のうち2階建ての母屋部分を旅館に改装。14畳、10畳、8畳の3部屋を客室として使う。…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. DV被害で夫殺害、妻の被告に求刑半分3年6月判決 名古屋地裁
  5. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです