メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ツアーバス

蛇行運転、添乗員が約10分運転を補助

 兵庫県淡路市の神戸淡路鳴門自動車道で17日、ツアーバス(乗客42人)が蛇行運転し、添乗員が10分ほどハンドルに手を添えて運転を補助していたことが分かった。ツアーを主催した阪急交通社(大阪市北区)によると、運転手の男性(70)は一時的に添乗員の問いかけに返事をしなかったという。

     ツアーは17日朝に松山市を出発し、兵庫県宝塚市で宝塚歌劇を観劇するもの。1泊2日の予定で、愛媛県東温市のバス会社が運行した。

     阪急交通社によると、バスは17日午前10時ごろ、神戸淡路鳴門自動車道で車線を左右にはみ出す蛇行運転を繰り返し、休憩で寄る予定だった室津パーキングエリアを通過。40代の女性添乗員が声をかけたが、運転手はハンドルを握って運転するものの、声を発しなかった。添乗員が運転を補助し、次の淡路サービスエリアでバスを停止させたという。事故やけが人はなかった。別の運転手と交代し、ツアーは続いた。

     運転手は14日に受けた健康診断や出発前のチェックで異常はなかったが、「何があったか覚えていない」と話している。【戸上文恵】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS “マイルド化する絵本”への警鐘 過激表現から“逃げない”編集者の想いとは?
    2. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
    3. ストーリー 月給25万9000円の市長(その1) 夕張の「サンタ」の10年
    4. 事故 水路などへの転落相次ぎ死亡5件 福山市が注意喚起
    5. 入浴 冬は「10分以下×40度以下」推奨 実践は2割

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]