メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中東3カ国歴訪へ…まずサウジに到着

 【北京・石原聖】中国の習近平国家主席は19日、サウジアラビア、エジプト、イランの中東3カ国歴訪のため北京を出発し、サウジの首都リヤドに到着した。3カ国は中国主導で設立したアジアインフラ投資銀行(AIIB)の創設メンバー。中国は今回の訪問を通じて中東での影響力拡大を狙うが、対立が激化するサウジとイランに対しては自制を求める程度で、深入りしないとの見方が強い。

     中国の国家主席によるサウジ訪問は2009年の胡錦濤氏以来7年ぶり。習氏は19日、サルマン国王と会談した。サウジでは湾岸協力会議(GCC)やイスラム協力機構(OIC)の事務局長とも会談する。サウジは中国にとって最大の原油輸入先で、資源開発に向けた協力を強化する。

     また、イラン核問題の合意履行を受けた欧米などによる制裁解除後、イランを訪れる主要国首脳は習氏が初めてで、経済復興に絡む権益確保を目指す。

     イスラム教スンニ派のサウジとシーア派のイランの断交は、中国が提唱する経済圏構想「一帯一路」にも影を落とす。中国は事態が激化しないよう両国に働きかける構えだが、「内政不干渉」を掲げていることから宗派対立には踏み込まず、「バランスを取る」(中国外務省の張明次官)ことに腐心している。

     国際情報紙・環球時報(英語版)は「米国が中東への関与を減らす後を中国が埋めようとする意図はない」との専門家の見方を紹介。北京の外交当局者は「習氏はサウジとイランの対立がこれ以上悪化しないよう影響力を行使するだろうが、仲介まではしないだろう」とみている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁 6〜8月、高温の予報 ラニーニャ影響
    2. ウィンドウズ10 「勝手に更新」苦情
    3. ホンダ 復活、高級スポーツカー「NSX」1号車完成
    4. 女子大生刺傷 ストーカー規制法、ブログ対象外に疑問視
    5. 都市対抗野球予選 JR東、明治安田生命に逆転サヨナラ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]