メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海底掘削用ドリル折れ1400m分失う

地球深部探査船「ちきゅう」=海洋研究開発機構提供

 海洋研究開発機構は19日、地球深部探査船「ちきゅう」の海底掘削用のドリルが試験中に折れ、長さ約1400メートル分のパイプが失われたと発表した。現場は静岡県御前崎沖約52キロの駿河湾内で、水深約3600メートルの海底に落ちたとみられる。パイプは約3100万円相当。けが人はなかった。

     同機構によると、ドリルは1本9.5メートルのパイプをつなげた構造。16日午前2時10分ごろ、海中でドリルを回す試験をしている最中に根元が折れ、約150本のパイプが脱落したという。事故原因を調査しているが、予備があるため今後の探査などに影響はないとしている。【斎藤広子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 青森・中2自殺 いじめ訴える遺書の内容
    2. 青森・中1自殺 「いじめがなければ、もっと生きていた」
    3. 学校「指導死」シンポジウム 叱責後の自殺、防ぐ道は 全国の遺族ら集う 中区 /広島
    4. 小池都知事 「東京五輪組織委も調査対象に」森会長らに
    5. 社説 チケット高額転売 歯止めの議論が必要だ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]