メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

58% 定期的受診の指針に初のデータ

5大がんの10年までの生存率と、ステージ別の10年生存率、手術を受けた人の割合

 全国32のがん専門病院でつくる「全国がん(成人病)センター協議会」(全がん協)は、1999〜2002年にがんと診断され治療を受けた人の10年後の生存率が58.2%だったとする初の集計結果をまとめた。肝がんや乳がんなどは、治癒の目安とされる5年目以降も生存率が下がっており、長期にわたる定期的な受診が必要とされることがデータで示された。

 10年生存率は16施設の約3万5000の症例を基に算出。部位別の1〜10年目の経過や、ステージ(病期)ごとのデータも示した。

 部位別の10年生存率は▽食道29.7%▽胃69.0%▽大腸69.8%▽肝臓15.3%▽膵臓(すいぞう)4.9%▽肺33.2%▽乳房80.4%▽子宮頸(けい)部73.6%−−など。国内患者数が多い「5大がん」を見ると、胃がんや大腸がんは診断から5〜10年目の生存率が約70%で変わらず、5年後以降の再発の危険は低かった。

 一方、乳がんは5年後が約90%、10年後が80%と、直線的に下がっていた。千葉県がんセンターの三上春夫・がん予防センター部長は「何年しても再発の可能性があり、定期的な受診が大事」と解説する。肝がんも5〜10年の間で生存率が約3割から2割以下、肺がんも約4割から3割強に低下していた。ただ、これらは10年以上前の患者のデータで「今は治療法の選択肢も増えており、改善する可能性もある」(国立がん研究センター)という。

 集計結果は全がん協のホームページ(http://www.zengankyo.ncc.go.jp/)で公開され、別の期間の約14万7000症例を基にした最新の5年生存率も見ることができる。データをまとめた猿木信裕・群馬県立がんセンター前院長は「患者さんには医師と話し合う資料として使ってほしい」と話す。【下桐実雅子】

5大がんのステージ別の10年生存率(%)と手術を受けた患者の割合(%)

  部 位 1期   2期   3期    4期  手術率

 胃がん  95.1 62.7 38.9  7.5 73.7

 大腸がん 96.8 84.4 69.6  8.0 89.0

 乳がん  93.5 85.5 53.8 15.6 96.3

 肺がん  69.3 31.4 16.1  3.7 48.4

 肝がん  29.3 16.9  9.8  2.5 27.2

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うどん県 「打倒・香川」埼玉が日本一へ挑戦
  2. 熊本地震 不明者の車体の一部か 両親が発見
  3. 元キンコメ高橋被告 横浜の高校からも制服窃盗
  4. 英EU離脱 投票やり直し請願殺到 英下院サイトがダウン
  5. 英EU離脱 残留望んだ若者、怒りのデモ行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]