メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本塁クロスプレーもビデオ判定

 プロ野球の実行委員会が19日、東京都内で開かれ、今季からビデオ判定の適用範囲を拡大し、本塁上でのクロスプレーをリプレー映像による検証の対象とすることを決めた。従来は、本塁打か否かなど外野フェンス間際の判定が難しい打球のみが対象だった。

     本塁での危険な衝突プレーを防ぐルールが野球規則に明文化され、走者の捕手へのタックルや捕手によるブロックが禁じられたことを受けたもの。当該試合の責任審判が必要と認めた場合に限り、リプレー映像で検証する。また、これまでビデオ判定は12球団の本拠地球場(ほっともっと神戸を含む)に限定されていたが、今季からは地方球場を含め公式戦全試合で行われる。【神保忠弘】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    2. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    3. タレント女医 初公判 9割以上がニセ患者、治療せず院長室でゲーム
    4. 厚労省行政処分 医師と歯科医師 全処分者の氏名
    5. 質問なるほドリ 抗菌せっけん、米でなぜ禁止?=回答・下桐実雅子

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]