メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

ラグビー人気、本物か

 昨秋のワールドカップ(W杯)で日本が大活躍したラグビーは、W杯後も日本代表選手を中心に注目を集め、社会人トップリーグにも例年になく多くの観客が訪れた。

2019年W杯日本大会やその後に向け、この熱をどう維持するか。競技団体にも、選手や指導者にも、課題は多い。

選手のプレー間近で 太田治・日本協会トップリーグ委員長

 昨年11、12月にあった今季トップリーグ(TL)の、リーグ戦計56試合段階での平均入場者数は7987人だった。2014〜15年シーズンの1試合平均は4719人で昨季比約1・69倍に増加。昨秋のW杯での日本代表の活躍がきっかけになって、代表メンバーのプレーを自分の目で見ようと会場に足を運んでくれた方々が増えたことは間違いない。

 新規ファンの拡大と定着、観戦リピート率のアップを図る一方で、従来の根強い固定ファンにも満足していた…

この記事は有料記事です。

残り2710文字(全文3080文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. ORICON NEWS 楽天・松井裕樹&石橋杏奈が結婚「より一層野球に精進」
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです