メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル

ゴラン高原、警戒強化

レバノンとの国境付近に建てられた防護壁を指差すイスラエル軍兵士=イスラエル北部ゴラン高原で2015年12月14日、大治朋子撮影

 イスラエルが、隣国シリアから占領しているゴラン高原の治安悪化への警戒を強化している。米欧による経済制裁解除で、イランの影響力が強まることが予想されているためだ。現地のイスラエル軍司令官は「最悪のシナリオを念頭に、テロ組織の攻撃に備えている」と語った。

 イスラエル軍は2004年1月、北部方面司令部に新たな分隊を設置した。その下部組織で、ゴラン高原北部を管轄する部隊の司令官は「(境界の)向こう側を支配する勢力はさまざまだ」と指摘…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです