メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2016どうなる経済

高品質ものづくり追求 三菱重工業社長・宮永俊一氏

三菱重工業社長の宮永俊一氏

 −−日本のものづくりの現状をどうみますか。

 ◆企業の海外進出で産業空洞化が進んでいる。現地販売する製品を現地製造することは合理性もあり、どこで作っても同じ製品は人件費の安い国で作った方が良く、流れが変わることはないだろう。また、海外メーカーも工場のIT化が進んでいる。ロボットだけで作ることができるような製品は、すぐに競争になり、安売り合戦になってしまうため、国内メーカーは付加価値の高い分野で勝負をした方がいい。

 −−どういった産業を育てていけばいいでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1065文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです