メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高札でマナー違反表示 外国人観光客向け

 京都市東山区の祇園に、外国人観光客向けにマナー違反をイラストで分かりやすく表示した高札(高さ約2メートル)が登場した。

     舞妓(まいこ)が外国人観光客から袖を引っ張られるなどのトラブルが相次いでいるため、住民らによる協議会が考案した。祇園の中心街4カ所にあり、「舞妓への接触」「自撮り棒使用」「路上の座り込み」などを控えるよう呼びかけている。

     協議会の担当者は「高札を設置した直後から、格段にマナーが向上した」とにんまり。江戸時代の告知方法は、現代の外国人にも効果絶大のようだ。【鈴木理之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山陰線 「空の駅」にエレベーター 来年9月完成へ 兵庫
    2. 博多駅 「Kis−My−Ft2」ラッピング列車の出発式
    3. 独メルケル首相 「やり直したい」難民政策の誤り認める
    4. 社説 ハンガリー 自国エゴの連鎖が怖い
    5. くまモン 巨大地上絵が登場…熊本地震支援に感謝

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]