メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

軽井沢事故を想起、クドカン監督作 試写会も中止

宮藤官九郎監督=スポニチ提供

 映画会社のアスミック・エースと東宝は20日、2月6日に公開予定だった映画「TOO YOUNG TO DIE!」(監督宮藤官九郎)の一部に、15人が死亡した長野県軽井沢町のバス転落事故を想起させる場面があるとして公開延期を決めた。予定されていた試写会やイベントも中止する。

     同作は神木隆之介(22)と長瀬智也(37)が主演。主人公の高校生が、修学旅行中にバス事故で死亡したことから始まる物語。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁 6〜8月、高温の予報 ラニーニャ影響
    2. ウィンドウズ10 「勝手に更新」苦情
    3. ホンダ 復活、高級スポーツカー「NSX」1号車完成
    4. 女子大生刺傷 ストーカー規制法、ブログ対象外に疑問視
    5. 都市対抗野球予選 JR東、明治安田生命に逆転サヨナラ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]