メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

薬物依存治療へメール相談窓口 原則通報せず /和歌山

 所持・使用そのものが違法なため依存症治療に公の支援が得づらい薬物への対策の一環として、県薬務課は今月から、当事者や家族向けにメールでの相談窓口を新設した。相談の内容が違法行為についてであっても治療目的を重視し、原則として捜査機関への通報はしないという。

 県では精神保健福祉センターが長年電話相談を受け付けている…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  2. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. 児童虐待 目黒5歳児死亡 親権に「懲戒権」は不要だ 「子どもは親の所有物ではない」
  5. はやぶさ2 リュウグウに130mの大岩 小惑星本格観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]