メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

台湾政権交代と東アジア

 16日に投開票された台湾総統選は、独立志向の強い最大野党・民進党の蔡英文主席(59)が、与党・国民党の朱立倫主席(54)と野党・親民党の宋楚瑜主席(73)を大差で破り、8年ぶりに政権を奪還した。台湾はどこに向かい、東アジア情勢にどのような影響を与えるのか。日中台の専門家に聞いた。

米が中台の橋渡し役に 范世平・台湾師範大学教授

 台湾総統選で圧勝した民進党の蔡英文主席は、対中政策で「現状維持」を掲げた戦略が成功し、世論の圧倒的な支持を得た。

 中国は蔡氏の当選を想定していたが、国民党・朱立倫氏との票差を100万〜150万票程度と考えていただ…

この記事は有料記事です。

残り4266文字(全文4537文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. 大阪震度6弱 安倍首相、21日に被災地視察
  4. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  5. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]